【新潟市】駅前から郊外まで!思い出になるおすすめ観光情報6選+α

【新潟市】駅前から郊外まで!思い出になるおすすめ観光情報6選+α なんとなく旅行に行きたい
【新潟市】駅前から郊外まで!思い出になるおすすめ観光情報6選+α

「今度さ、新潟市に行くんだけど…どこ観光すればいい?」
「あんまり遠くなくて、でもThe新潟!ってところがいいよね」
「そもそも新潟は…米? お米以外になにがあるの?」

こんな疑問をもつあなたへ。
新潟市の観光情報をまとめました!

「グルメ」「体験」「景色(写真映え)」のジャンルに分けて、厳選したおすすめ6選を紹介します!

新潟市の駅前から郊外まで!思い出になるおすすめ観光情報6選

まずは予備知識として、新潟で3つ有名なものを紹介します。
それは

  • 米&日本酒
  • 海鮮
  • 上杉謙信

です。
魚沼産コシヒカリなど聞いたことがあると思いますが、日本酒の原料としても米は使われますよね。
そして、日本海に面した立地なので海鮮も有名!
最後に、上杉謙信は「軍神」と呼ばれた戦国大名です(織田信長も恐れてたとか…)。

これらを踏まえて、新潟市観光を楽しみましょう!

新潟市観光 グルメ編

日本酒の利き酒と米屋のおにぎりが味わえる「ぽんしゅ館」

写真 新潟市観光 グルメ編 ぽんしゅ館
写真 新潟市観光 グルメ編 ぽんしゅ館

まず紹介するのは「ぽんしゅ館」です。
ぽんしゅ館は日本酒の利き酒と、米屋のおにぎりが味わえる施設で、それぞれ新潟駅の構内にあります。

まず日本酒利き酒の「ぽんしゅ館」は、JR西口改札を出てすぐ
新潟越後にある全酒造の日本酒93種類を一同に利き酒でき、人気は「加茂錦」「鶴齢」「久保田」など。

料金は500円で、おちょこ5杯分楽しめます。
営業時間は9:30〜20:30です。

おにぎりは新潟駅のCoCoLo西N+ ぽんしゅ館コンプレックスというところで味わえます。
名物「爆弾おにぎり」はお茶碗二杯分のボリューム!

料金は具によって変わりますが、のりむすび350円、シャケ650円、となっています。
営業時間は10:00〜19:00です。

写真 新潟市観光 グルメ編 ぽんしゅ館 利き酒
写真 新潟市観光 グルメ編 ぽんしゅ館 利き酒
写真 新潟市観光 グルメ編 ぽんしゅ館 爆弾おにぎり
写真 新潟市観光 グルメ編 ぽんしゅ館 爆弾おにぎり

アクセス
〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1丁目96−47 CoCoLo新潟

参照・画像出典:https://www.ponshukan-niigata.com/

日本海側最大級の旬鮮市場 ピアBandai

写真 新潟市観光 グルメ編 ピアBandai
写真 新潟市観光 グルメ編 ピアBandai

ピアBandaiは米や酒、魚、肉など新潟県の特産品が集まった市場です。
新潟駅からはバスか、徒歩15分〜ほどのところにあります。

フロアには「万代島鮮魚センター」「佐渡廻転寿司 弁慶」「新潟鮮魚問屋 港食堂」などがテナントに入り、お店に入って食べられます。
また、ささっと購入して休憩所でいただくこともできます

イベントとしてマグロの解体ショーなどもあるので、ぜひ立ち寄ってみてください!
営業時間は9:00~22:00ですが、テナントは店舗によって異なるので注意してください。

  • 万代島鮮魚センター:9:00~19:00
  • 佐渡廻転寿司 弁慶:10:30~21:00(水休)
  • 新潟鮮魚問屋 港食堂:11:00~21:00
    ほか
写真 新潟市観光 グルメ編 ピアBandai 万代島鮮魚センター
写真 新潟市観光 グルメ編 ピアBandai 万代島鮮魚センター
写真 新潟市観光 グルメ編 ピアBandai 休憩所(ピアTerrase)
写真 新潟市観光 グルメ編 ピアBandai 休憩所(ピアTerrase)

アクセス
〒950-0078 新潟県新潟市中央区万代島2

参照・画像出典:http://www.bandai-nigiwai.jp/

新潟市観光 体験・思い出編

酒造見学 今代司(いまよつかさ)酒造

写真 新潟市観光 体験・思い出編 今代司酒造
写真 新潟市観光 体験・思い出編 今代司酒造

今代司(いまよつかさ)酒造は酒造見学を受け付けている酒造です。
新潟駅から徒歩約15分のところにあります。

見学料金はなんと”無料”、7名までなら予約も不要で、
9:00~/10:00~/11:00~/12:00~/13:00 ~/14:00~
の開始時間で行われます。

酒蔵見学の後はお酒のテイスティングもあるほか、売店もあるのでお土産物購入もできます。
日本酒「今代司」を味わいつつ、創業1767年の歴史を感じてください。

写真 新潟市観光 体験・思い出編 今代司酒造
写真 新潟市観光 体験・思い出編 今代司酒造
写真 新潟市観光 体験・思い出編 今代司酒造
写真 新潟市観光 体験・思い出編 今代司酒造

アクセス
〒950-0074 新潟県新潟市中央区鏡が岡1−1

参照・画像出典:http://imayotsukasa.co.jp/

新潟市の水族館 マリンピア日本海

写真 新潟市観光 体験・思い出編 マリンピア日本海
写真 新潟市観光 体験・思い出編 マリンピア日本海

マリンピア日本海は、新潟市にある水族館です。
新潟駅から、徒歩だと45分ほどかかる場所になるので、バス(所要20分)やタクシー(所要10分)で移動しましょう。

ペンギンやラッコ、イルカなどが見られるほか、日本海の魚、信濃川の生態などを観賞することができます。
またイルカショー、ラッコやトドのエサやりのイベントも開催されています。

料金は大人1500円、子供は600円です。
営業時間は9:00~17:00となっています。

写真 新潟市観光 体験・思い出編 マリンピア日本海
写真 新潟市観光 体験・思い出編 マリンピア日本海

アクセス
〒951-8555 新潟県新潟市中央区西船見町5932−445

参照・画像出典:https://www.marinepia.or.jp/

新潟市観光 景色・インスタ映え編

信濃川にかかる新潟市のシンボル 万代橋

写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 萬代橋
写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 萬代橋

万代橋(ばんだいばし)は、信濃川にかかる橋です。
新潟駅より、徒歩15分ほどでアクセスすることができます。

信濃川は「日本で一番長い川」です。
そこに掛かる萬代橋は、新潟市のシンボル的な存在
石づくりで美しい連続アーチを描き、どこかノスタルジーも感じられます。

橋は徒歩でも渡ることができるほか、川沿いの遊歩道から眺めるルートもオススメです。
夜には電灯で照らされた姿も見れますよ。

写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 萬代橋
写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 萬代橋

アクセス
〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代2丁目4

参照・画像出典:https://niigata-kankou.or.jp/spot/15353#

国の名勝にも指定 旧斎藤家別邸

写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 旧斎藤家別邸
写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 旧斎藤家別邸

旧斎藤家別邸は、豪商「齋藤家」の四代、齋藤喜十郎が、1918年に別荘として造ったもの。
庭は国の名勝にも指定されています。

新潟駅からは徒歩で30分ほどかかるので、タクシー(所要10分)やバス(所要15分)で行くのがおすすめです。

建物と庭園の造りになっており、面積は約4,500平方メートル。
数寄屋造りを基調とした邸宅から、渓谷の趣を造る庭園を見渡すことができ、四季それぞれで異なる表情を見せるのが特徴です。

1階大広間では、抹茶と和菓子(500円)といった軽食も食べられますよ。

観覧料は300円。
開館時間は
4月から9月は午前9時30分~午後6時
10月から3月は午前9時30分~午後5時
となっています。

なお、毎週月曜日(休日の翌日)が休館日になっています。

写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 旧斎藤家別邸
写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 旧斎藤家別邸
写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 旧斎藤家別邸喫茶
写真 新潟市観光 景色・インスタ映え編 旧斎藤家別邸喫茶

アクセス
〒951-8104 新潟県新潟市中央区西大畑町576

参照・画像出典:https://saitouke.jp/

新潟市観光 番外編

ここからは番外編なので、新潟市からは外れます。
しかし、新潟に来たら押さえておきたい名所をちょっとだけ紹介しておきます。

上杉謙信公ゆかりのお寺 春日山 林泉寺

写真 新潟市観光 番外編 林泉寺
写真 新潟市観光 番外編 林泉寺

上杉謙信が幼少の頃を過ごしたお寺、それが春日山 林泉寺です。
山門や本堂、宝物館、上杉謙信の墓などを見ることができ、拝観料は250円です。

最寄駅は春日山駅。
新潟市からのアクセスは、新潟駅〜春日山駅を乗り換えを挟み電車で2時間、そこから徒歩20分ほどです。
拝観受付は9:00から17:00となっています。

アクセス
〒943-0801 新潟県上越市中門前1丁目1−1

参照・画像出典:http://www.valley.ne.jp/~rinsenji/index.html

「にほんの里100選」選出 星峠の棚田

写真 新潟市観光 番外編 星峠の棚田
写真 新潟市観光 番外編 星峠の棚田

星峠の棚田は、いわゆる段々畑の田園です。
水が貼られた棚田には水鏡ができ、天気・気候・時間帯によって様々な表情を見せます。
なお棚田のある松代地域は「にほんの里100選」にも選ばれています。

拝観料などはありませんが、あくまで私有地なので観光の際は注意してください。
新潟市からのアクセスは、新潟駅〜まつだい駅を乗り換えを挟み2時間、そこからタクシーで20分となります。

ツアーやレンタカーの利用もアリですね。

アクセス
〒942-1351 新潟県十日町市峠

参照・画像出典:https://niigata-kankou.or.jp/spot/10051

まとめ

お米のイメージが強い新潟市ですが、観光だってできちゃいます。
グルメを堪能し、観光地を周り、映えるポイントで写真を取れば、間違いなく思い出に残るはず!

当サイトでは、ほかにもいろんな地域の観光情報を取り扱っています。
よければご覧になっていってください!

タイトルとURLをコピーしました